--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.06.0317:35

WiMAXでのインターネット接続でIPアドレスが変わらないと言う現象が起こる原因

最近WiMAXでインターネットに接続するとIPアドレスが変わらないことに気がつきました。少し前までは、ルーターの電源を落として、もう一度電源を入れ直すと、IPアドレスが変わっていたのにおかしいです。

そこでUQコミュニケーションズに直接聞いてみました。すると、回答は簡単で一部の客には固定のIPアドレスを割り当ててあるらしいです。IPアドレスを固定にした理由は秘密になっていて、教えてもらえません。

IPアドレスを可変に戻す方法はないそうです。しかし、電源を何度も何度も入れ直していると、IPアドレスが変わることもあるそうです。また、別の場所に移動するとIPアドレスが変わることがあるらしいです。中継局は、2キロメートルまでしか電波が届かないため、1~2キロ移動すれば、大抵、別の中継局と通信することになるので、それだけの距離を移動すればいいそうです。

しかし、何度も電源を入れ直すなんて、実用的にはちょっと無理な話です。それに、1~2キロ移動すれば、別の中継局になって、別のIPアドレスになるというけれど、実際には何キロも移動しているのに、いつも同じIPアドレスが割り当てられています。

IPアドレスが変えられないというのは、不便だし、危険ですね。例えば、同一IPからの利用回数制限のあるサイトも多いですし、お一人様1アカウントの様なサービスに登録していると、アカウントを抹消されてしまいかねません。ネットストーカーに自分のIPアドレスがばれると、ハッキングされかねません。

どうしてこうなったのか知りませんが、恐らく利用者数の増加により、回線に過剰な負担がかかっているので、利用状況が分かっている顧客には固定のIPアドレスを与えて、回線が落ちるのを防いでいるのではないかと思います。ネットワーク技術には詳しくないので、はっきりとは分かりませんが、それ以外に考えようがありません。

WiMAXは、最近、回線速度が著しく遅くなっていて、昨日は、夜中の3時でも、0.6Mbpsと言う遅さでした。こんな遅い回線を使わせられた上に、IPアドレスも変えられないとすると、もはやWiMAXをやっている意味がないですね。


関連記事:
WiMAXの通信速度/回線速度
WiMAXの回線速度が遅いのは利用者の増加が原因

テーマ : インターネット
ジャンル : コンピュータ

アクセス・カウンター
プロフィール

Author: ほたる
学歴: 国立大学卒
趣味: ウェブサイト、ブログ、掲示板などの運営

最新記事
カテゴリー
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。