--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.11.1012:30

躍進を続けるGoogleのすごさ

Googleはすごいですね。莫大な広告収入を得て、今や何でもできるかの様に見える巨大企業に成長しています。Googleのその力の根源は、やはりウェブ検索の精度の高さでしょう。もし検索精度が低ければ、誰も利用しません。

しかし、どんなウェブページでも検索インデックスに加えているかというと、そうでもない様ですね。何か問題が起きそうな単語が含まれていると、検索結果への表示が遅れるようです。このブログでもそれらしき現象が観察されました。何やらチェックしているようです。

しかし、これは諸刃の剣(もろはのつるぎ)ですね。インターネットの有用性の一つは、うやむやにされたり、社会に知られていない悪を衆目にさらし、よりよい社会を築くことにあります。実際、いつの時代でも、そう言う悪いことがこの世では横行しています。これを是正することができるのは、現実問題として、インターネットだけですから、何か波風が立ちそうなページのインデックス化を遅らせるのは、逆に被害者を増やすことにもつながります。本当に悪質な内容のウェブページは、インデックス化が遅い方がいいわけです。

たぶん、どちらになるのか、自動化されたプログラムでは判断できないのでしょう。結局、人の目で見て、人の頭で考えるしかありません。このあたりが、Googleの限界と言うことでしょうね。

これからのウェブサイト運営では、Googleの限界を知り、これを超えて行かないといけません。やはり、サイトの良し悪しは人間にしかわかりませんね。量ではなく、質と言う方向で考えて行くのがよいと思います。


追伸:
それにしても、Googleをほめる記事を書くと5分で検索に載るところが、やはりGoogleの偉大さですね。


関連ページ:
なぜ一部のページが検索エンジンのインデックスに入らないのか?/不可解なGoogle (ほたるのブログ)

スポンサーサイト

テーマ : Google関連
ジャンル : コンピュータ

アクセス・カウンター
プロフィール

Author: ほたる
学歴: 国立大学卒
趣味: ウェブサイト、ブログ、掲示板などの運営

最新記事
カテゴリー
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。